2002/10/18 ファーストショー

2002年10月18日

ついにやった! はじめてのソロでのショー、その名も”Ryo Okumoto Live in Tokyo in Shibuya Rock West”。小さなクラブだったが、始まりの場所としては充分な広さ。ついに長かった夢が叶った。

2002/10/18 ファーストショー_d0054325_151249.jpg全てはとてもうまく行った。ショーは大成功。友人達がそれぞれできる限りの方法で手助けしてくれた。クラブは多くの人で溢れてて、圧倒されてしまってたが、自分を見に来てくれた人達に囲まれて本当に幸せだったのは言うまでもない。何年もの間、僕はサポートキーボードプレイヤーとしてステージに立ってきたが、今、自分がショーのメインアーティストになりその責任はとても重い。普段の5倍から10倍の仕事量をこなさないといけない。普段(サポートキーボードプレイヤーの時)は、飛行機のチケットとスケジュールをもらい、現地へ。そして、サウンドチェックをし、コンサートをし、ホテルに戻り休むだけ。しかし今回は違う。やる事が多すぎて目が廻りそうだったが、結果的に全てをエンジョイ出来た。

10月15日にCDがアメリカ、ヨーロッパから発売、11月25日に日本から発売になるので、日本へは9月27日から3週間帰ってプロモーションをしていた。10月のはじめ、親友のMr.太田に東京でライブをできるところがないか尋ねたところ、渋谷にオープンする予定のRock Westが10月18日に空いているという事でさっそくクラブを見に。ステージは5ピースのバンド、オーディエンスは100人くらいでいっぱいになるような小さいクラブだけど感じはよし。

そして、昔東京にいた時にクリエーションで一緒にやっていたドラマーとサックスプレイヤーに連絡。電話をかけるととても喜んでくれ、プロモーションの手助けもしてくれるといってくれた。実際彼らは僕とプレイしたくてたまらなかった様子。そして一緒にライブができるかどうか聞いてみたところもちろんOK!! そのドラマーの名前は樋口晶之、そしてサックスプレイヤーは包国充だ。

そうなるとベーシストが必要。で、さっきの2人が樋沢さんいうプレイヤーを紹介してくれた。僕は会ったことがなかったのだが、本当に優れたプレイヤーとのこと。そしてショーをしてみた結果本当にその通り。信じられないプレイヤーだった。2人に勧められて彼に電話をしてみたところ、空いている日が10月18日だけ。まさにショーの日。これは偶然なのか?すぐクラブをブッキングし、完全に予約を入れた。いまのところ4ピースバンド。リズムセクション+サックス。Great! I have a show!

ニュースレターに登録する

* 必須項目
メール・フォーマット

以前のメールを見る