バイオグラフィー

ー経歴ー

奥本亮。大阪府生まれ。 3歳から13歳までクラシックピアノを学ぶ。15歳という若さでプロのミュージシャンとして1年間大阪でステージに立つも、異なるスタイルの音楽を学びたいと16歳で上京し、直後からプロとして5年間ステージに立つ。

1978年、19歳でクリエーションのメンバーとして日本ツアーを周り、アルバム「ベスト オブ クリエーション」をレコーディング。翌年、同様に喜多郎のツアーに出演し、アルバム「ライブ イン パルコ」をレコーディング。

1980年2月ソロデビューアルバム「ソリッド・ゴールド」(キャニオンレコード)をリリース。ロンドンのエアースタジオでレコーディングされたこのアルバムでは、ジェフ・ベックのドラマー、リチャード・ベイリーや、エルトン・ジョンのギタリスト、ディランドロ・ウィンストンらが参加。2ヵ月後の4月にはセカンドソロアルバム、「メイキン・ロック」(キャニオンレコード) をリリース。ハリウッドのサウンドラブスタジオでレコーディングされたこのアルバムには再度、ディビッド・フォスター、ジェイ・グレイドン、スティーブ・ルカサー、ジェフ・ポーカロ、ニール・ステウンベンハウスといった素晴らしいミュージシャン達が参加。その2ヵ月後の6月、サードアルバム「シンセサイザーのすべて」(キャニオンレコード) をリリース。 2ヵ月おきに3枚のアルバムを立続けにリリースした。

翌年1981年3月、7年間のプロ活動を経るも、日本の音楽シーンに限界を感じ渡米を決意。

ロサンゼルスの音楽学校「ディック・グローブ」で4年間奨学生として現代ジャズキーボードを学び、同校を主席で卒業。

アメリカで75曲ものトップ10ヒット曲を持つ作曲家 “LAMONT DOZIER” の元でアレンジャーを勤める。その関係で様々なアーティストと出会い、世界ツアーが始まる。

”オリジナル5thディメンション”(再結成ツアー)に始まり、”バリー・ホワイト”と2年間、”アレサ・フランクリン”と2年間、”ピーボ・ブライソン”と5年間、”ナタリー・コール”と5年間演奏。14年間ビックアーティストと共に世界中を回って来た。

ーSPOCK’S BEARDー

  • 1987年、プログレッシブ・ロックグループ、”スポックス・ビアード” に加入。
  • 1998年、亮の写真がオランダのロック雑誌「IO・PAGE」の表紙として掲載される。
  • 2000年、同バンド5枚目のアルバム「V」はドイツのチャートで35位にランクされ、同年のヨーロッパツアーはソウルドアウトとなる大成功を収めた。
  • 2002年、発売されたニューアルバム「Snow」は24位を獲得。
  • 2013年4月、「Brief Nocturnes and Dreamless Sleep」11枚目のアルバムリリース。
  • 2015年、「Oblivion Particle」 12枚目アルバムリリース。
  • 同年、「The First 20 Years」SB結成から20年の節目にベスト版がリリースされた。
  • 2017年、”Snow Live” 2002年に発売されたアルバム「Snow」はツワーを行なっていないファンが待ち望んだ ”幻のLive” それが現実となった。スポックス・ビアードの創設者ニール・モースやドラムとメインボーカルを務めたニック・ディヴァジリオも集結し、20年間の正規メンバーが全員集合して行われたLiveはBlue-rayに収録された。
  • 2018年、「Noise Floor」13枚目アルバムリリース。
  • スポックス・ビアードはクルーズ船で行われるミュージックフェスティバルに2014年から参加。
  • 2014年、2月18-22日 ”Progressive Nation at Sea”
  • 2015年、11月15-19日 ”Cruise to The Edge”
  • 2017年、2月7-11日 ”Cruise to The Edge”
  • 2019年、2月4-9日 ”Cruise to The Edge”

ー奥本亮ライブー

  • 2004年11-12月 RYO OKUMOTO WORLD TOUR 2004 『 Coming Through 』 ドイツ/ベルギー/オランダ/オーストリア/日本 全17カ所で大好評を得る。
  • TROP [The Ryo Okumoto Project] 自身の名前を冠にライブ活動を精力的に展開中。各都市で活躍するミュージシャンとタッグを組み、奥本亮のオリジナル、スポックス・ビアードのナンバーやプログレ有名バンドのカバーまで、TROPでしか味わえないステージを繰り広げている。
  • K-sisters 奥本の嫁、奥本啓子を中心に彼女が所属していた”劇団四季”の同期3人で立ち上げたパフォーマッスユニットをプロデュース。ミュージカルだけに留まらない奥本ならではのアレンジ力で類を見ないユニットへ押し上げている。

ーアーティストサポート/その他ー

  • 1995年9月2日 ”Rock’n’Roll Hall of Fame Opening Concert” にアレサ・フランクリンと出演。
  • 1998年 日本初のディズニー・トリビュートアルバム「We Love Mickey -Happy 70th Anniversary」(ポニーキャニオン) がリリースされた。その中で、杏里&ビーボ・ブライソン「Whole New World」を木﨑徹氏と奥本亮が共同プロデュース&編曲を務めている。
  • 2004年春 ナタリー・コールのメンバーとして、ホワイトハウスでの御前演奏に出演。その模様は全米でTV放送された。
  • 2004年11月 海老名香葉子原作アニメ『明日天気になぁれ』主題歌「蓮花」ピアノアレンジ・ピアノ演奏を担当。唄:林明日香「蓮花」谷村新司/海老名香葉子・谷村新司作詞 谷村新司作曲 東芝Virsin recordsより2005年6月リリース。
  • 2004年12月 東放ミュージックカレッジ、アンミュージックスクール 特別公開講座を開く。
  • 2005年1 月号『 キーボードマガジン 』で奥本亮の歩みが特集された。
  • 2005年4月上海音楽大学現代音楽科講師 (音楽理論/作曲/アレンジ)を勤めた。
  • 2006年 ”GPS”のキーボードを務める。GPSは元ASIAのジョン・ペイン、ガスリー・ゴーヴァン、ジェイ・シェレンによって結成されたバンド。

共演 / レコーディング、ライブ、ツアー

  • フィル・コリンズ
  • エリック・クラプトン
  • ナタリー・コール
  • デイビッド・フォスター
  • アル・グリーン
  • ロバータ・フラック
  • デビー・ギブソン
  • バリー・ホワイト
  • アレサ・フランクリン
  • ピーボ・ブライソン
  • ディオンヌ・ワーウィック
  • ポインター・シスターズ
  • グレン・ヒューズ
  • ボビー・キンバル
  • スティーブ・ルカサー
  • ジェフ・ポーカロ
  • サイモン・フィリップス
  • ジェイ・グレイドン
  • シーナ・イーストン
  • ロビー・ロバートソン
  • エリック・バードン
  • パティー・オースティン
  • アーロン・ネビル
  • ラモント・ドージャー
  • ジェニファー・ホリデー
  • スー・レイニー
  • エリック・カルメン
  • オリジナル5thディメンション
  • スモーキー・ロビンソンとザ・ミラクルズ
  • メリサ・マンチェスター
  • ジェイムス・イングラム
  • マリリン・マックー
  • リチャード・エリオット
  • ミッシェル・ニコル
  • ダッグ・セベランス
  • ブレンダ・ラッセル
  • ジョニー・ギル
  • 喜多郎
  • クリエーション
  • アースシェイカー
  • クニ竹内
  • ララ・ファクトリー
  • スポックス・ビアード